2015年09月21日

あまり辛くない チリビーンズ

SnapDish レシピ料理ひらめく
via SnapDish レシピ料理ひらめく

冷蔵5日
あまり辛くないチリビーンズってなんなのーと思いながら。
辛いものが苦手な家族がいて、あまりスパイシーな香りのものが苦手な家族もいる我が家の食卓。
それでも年に2回くらい猛烈にチリビーンズが食べたくなる私。
そこで作り始めたのがタコスシーズニングの量に対して肉や野菜をたっぷりで作るチリビーンズ。
これだと、ほとんど辛くないし、香辛料のスパイシーな香りも少なめに仕上がります。それでも、毎日のご飯のおかずって位置づけにはちょうどいい味かな。
半分の材料で3日で食べきるようにしようかなぁと思いつつ、いつもたっぷりの作って5日ほどかけて食べきっています。



材料

ひき肉 ・・・ 150g
玉ねぎ ・・・ 1個(200g)
にんじん ・・・ 1本(150g)
ピーマン ・・・ 5個(150g)
にんにく ・・・ 3かけ
ミックスビーンズ缶 ・・・ 2缶(240g)
トマトの水煮缶 ・・・ 1缶(400g)
タコスシーズニング ・・・ 2袋
私は160gのひき肉調理用のタコスシーズニングを2袋使っています
塩、コショウ ・・・ 適量
サラダ油 ・・・ 大さじ1/2


作り方
(1)玉ねぎ、にんじん、ピーマンは根もとや種を取り除いて4mm角ほどの粗いみじん切りに。にんにくは2mmほどの普通のみじん切りに切っておく。

(2)フライパンを中火にかけ、サラダ油、にんにくを入れて炒める。にんにくの香りが出てきたらひき肉を加えてさらに炒め、ひき肉に火がとおり、色がかわったら玉ねぎ、にんじん、ピーマンを加えてさらに炒める。

(3)玉ねぎがすきとおってきたらミックスビーンズを加えて混ぜ合わせ、さらにタコスシーズニングを加えて混ぜ合わせる。

(4)トマトの水煮を加える。トマトがカットされているものならそのまま、ホールのものはフライパンの中で崩しながら中火〜弱火の火加減で10分ほど煮る。

(5)トマトが少し煮つまってトロリとしてきたら、塩、こしょうで味を調える。

作り方のコメント
材料に対してタコスシーズニングが少なめなので、本当に辛さもスパイシーさも弱いチリビーンズです。
あまり優しすぎるのは・・・ということでしたら、ひき肉、玉ねぎ、にんじん、ピーマンの量を半分にして試してみてください。



posted by ペココ at 07:54| Comment(0) | 作り置き 炒め物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。