2015年11月01日

ひじきの煮物


冷蔵3〜4日
定番のひじきの煮物です。
ひじきの煮物とは言うものの、実際の調理は「ひじきの炒め煮」。
最初に油で炒めてからだしをくわえて煮ていきます。
何で炒めるの??というと「そのまま煮ると乾物臭いから」と聞いたことが。
確かに炒めるのをサボるとなんだか美味しくないんですよね。磯臭いというか、なんと言うか。
そういえば「切り干し大根の煮物」も最初に炒めてから煮ます。
ちょっとの手間だけど、美味しく仕上げるのに大事な一手間なのかも。

材料

ひじき(乾燥) ・・・ 40g
にんじん ・・・ 1本(100g)
油揚げ ・・・ 1枚
だし ・・・ 300ml
サラダ油 ・・・ 大さじ1
◎砂糖 ・・・ 大さじ2
◎酒 ・・・ 大さじ2
◎しょうゆ ・・・ 大さじ3

作り方
(1)ひじきは製品の表示に従って洗ってから、もどしてざるにあげて水を切る。長いようだったら食べやすい長さに切る。

(2)にんじんは3cmほどの長さの細切りにし、油揚げは熱湯をかけて油抜きをし、たて半分に切手から細い短冊切りにする。

(3)鍋にサラダ油を入れて中火で熱し、にんじん、ひじきを加え全体に油がまわるまで炒める。
だし、油揚げを入れて煮立ったら弱火にして10分ほど煮る。

(4)(3)に◎の調味料を加えてから中火にし、煮立ったら弱火にして5分ほど時々かき混ぜながら煮詰めていく。

作り方のコメント
ひじきは、「芽ひじき」「長ひじき」などで水で戻した後の長さが違います。
水で戻してから、にんじんの細切りと同じくらいの食べやすい長さに切って調理してください。





posted by ペココ at 20:19| Comment(0) | 作り置き 煮物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。